占い師の定番でもある”タロット”について学ぼう – 人気の占いウィルで働くチャンス!
 

占い師の定番でもある”タロット”について学ぼう

| Posted in 占い師関連

占い師のほとんどが持っている「タロット」


対面占いでも電話占いの占い師でも使える占術を見ると「タロット」という文字を見つけたことはありませんか。
タロットというものはカードを使って相手の未来のこと、過去、現在をみることができる占術です。

占い師の方は知っているとは思いますが、まだタロットカードについて詳しく知らないという方へこちらではタロットについてとタロットカードの種類についてをご紹介しますのでこれからの学ぶ際の参考にしていただければと思います。

タロットについて

タロットカードは全て数えると78枚あります。その中で【大アルカナ22枚】と【小アルカナ56枚】で成り立っているのです。そして、カードの絵柄が天地正しい向き(正位置)と逆さまの向き(逆位置)に出るかで意味合いも変わってきます。(これはかならず頭に入れておきましょう)

大アルカナと小アルカナと2つに別れていますがこれにはどんな意味があるのかとこちらでご説明したいと思います。

大アルカナとは

タロット・デッキの中心になっている大アルカナ。
大アルカナは【ひとつの物語を持っている】もので0番のカードがしめす初めの”気づき”から21番のカードがしめす”達成”へと人間が成長していく過程の物語があるのです。

ですので、大アルカナは重要なメッセージを知ることができるカード。※重要な内容が知れるため、大アルカナのカードだけを利用して鑑定を行う占い師もいらっしゃいます。

小アルカナとは

【日々の暮らし・生活から影響される心の浮き沈み】をしめしているカードで大アルカナに比べると日常的な小さな決断を手助けするためのアドバイスとなるものとなっています。大アルカナは重要なことが知れますが、日々の小さな内容にも目を向けることで自身の何か大きなものに繋がると言われています。

【大アルカナ・小アルカナ】のカードを紹介(一部)

▼大アルカナ

愚者・・・家も仕事も持たない放浪者が絵柄になっているカード
【正位置】自由・未確定・純粋無垢
【逆位置】無計画・不安定・愚か

▼小アルカナ

杖(1エース)・・・雲から現れる右手が新芽が宿った木の棒を持っている様子が絵柄になっているカード

【正位置】出発・スタート・情熱・意欲
【逆位置】実力不足・迷い・力の乱用・苛立ち

※これは一部になりますが、各カードによって意味が全く違くなっているので実際に使いながら覚えていくと良いでしょう。
実際に、占い師になったときでも自分の近くにタロットについての本を置いておくのも良いと思います。忘れたときにすぐに調べることができますからね。


Copyright(c) 2018 人気の占いウィルで働くチャンス! All Rights Reserved.